総テスト数 7 455 785

IQ分類: IQスコアの意味

IQ分類: IQスコアの意味

IQテストのスコア(結果)の意味

IQスコアは、人の知的な能力の一般的なアイディアを提供するために開発されました。残念ながら、これらの指標は人間の知性の多様な形態をすべて網羅していません。そのため、IQスコアは知性のレベルを決定するための試験的なものです。

IQテストのスコアは、個々のパフォーマンスをその仲間の平均パフォーマンスと比較する特定のスケールを使用して計算されます。IQスケールは、平均スコアが100で、標準偏差が15ポイントであるように設計されています。これは、ほとんどの人が85から115の範囲でスコアを取ることを意味し、これは平均的な知能と見なされます。

ほとんどの人は平均範囲内でスコアを取るでしょうが、一部の個人は非常に高いスコアや低いスコアを達成することがあります。130以上のIQスコアは非常に高い知能と見なされ、70未満のスコアは著しく平均以下と見なされます。これらの極端なスコアは比較的まれで、人口のわずかな割合を表しています。

iq score range - iq scale

IQ分類

IQスコアの解釈方法

異なる知的能力のレベルを分類および説明するために使用されるいくつかのIQ分類システムがあります。最も広く知られて使用されている分類には、ウェクスラースケール、スタンフォード・ビネー・スケール、およびカテルのスケールが含まれます。各スケールには、スコアをグループ化し知能レベルを定義する独自の方法があります。

ウェクスラースケール

心理学者デイビッド・ウェクスラーによって開発されたウェクスラースケールは、現代で最も使用されているIQテストの1つです。成人向けの独立したテスト(WAIS)と子供向けのテスト(WISC)から構成されています。ウェクスラースケールは、平均を100とし、標準偏差を15とする標準スコアを使用しています。分類カテゴリは以下の通りです:

ウェクスラーアダルトインテリジェンススケール
IQスコアの範囲 分類
70未満 極端に低い
70-79 境界線
80-89 低い平均
90-109 平均
110-119 高い平均
120-129 優れた
130以上 非常に優れた

スタンフォード・ビネー尺度

スタンフォード・ビネー尺度は、もともとフランスの心理学者アルフレッド・ビネーによって開発され、後にアメリカの心理学者ルイス・ターマンによって適応された、広く認識されているIQテストの1つです。スタンフォード・ビネー尺度も平均を100、標準偏差を15とする標準得点を使用しています。分類カテゴリは以下の通りです:

スタンフォード・ビネー知能尺度
IQスコアの範囲 分類
70未満 知的障害
70-79 ボーダーライン
80-89 低平均
90-109 平均
110-119 高平均
120-129 優れた
130-144 才能がある
145以上 非常に優れた

カテル尺度

イギリスの心理学者レイモンド・カテルによって開発されたカテル尺度は、異なる得点システムを使用して知能を測定します。平均を100とし、標準偏差を24点とします。分類カテゴリは以下の通りです:

カテル・カルチャーフェア知能
IQスコアの範囲 分類
74未満 非常に低い
74-90 ボーダーライン
90-110 平均
110-130 平均以上
130-150 優れた
150以上 天才

IQスコアに影響する要因

個々のIQスコアは多くの変数によって形成され、知的能力の明確または不変の測定ではありません。これらのスコアは、親から受け継いだ遺伝子による遺伝子の影響と、個々が育まれた社会経済的条件や文化的状況などの環境要因の組み合わせによって影響を受けます。

教育の機会も重要な役割を果たします。質の高い教育や知的に刺激的な活動にアクセスできた個人は、一般的にIQテストで良い成績を収める傾向があります。また、幼少期に受けた栄養と医療も脳の発達に深い影響を与えるため、スコアに影響を与える可能性があります。

被験者の個人的な特性、モチベーション、努力、そしてテストの日の精神状態などもパフォーマンスに影響を与える可能性があります。テストの不安やテストフォーマットへの不慣れさがスコアを低くする一方で、高いモチベーションと自信はパフォーマンスを向上させる可能性があります。

個人の成長と可能性

個人の成長

IQテストの結果を解釈するには、そのスコアが個人にとって何を意味するかを理解することが重要です。自分のIQスコアは、認知能力の一つの尺度に過ぎず、自己価値や潜在能力を定義すべきではありません。代わりに、スコアを個人の成長と発展の出発点として活用してください。得意な分野に焦点を当てつつ、改善が必要な分野にも気づき、取り組んでください。詳細についてはIQを高める方法を読むことができます。

IQスコアは価値ある洞察を提供できる一方で、それを個人の知的潜在能力や将来の成功の包括的な評価と見なすべきではありません。IQスコアは時間と努力とともに変化する可能性があります。認知機能とIQスコアを向上させたいと考えている人のために、「IQを高める方法」などのリソースが役立ちます。最終的には、知的成長は生涯の旅であり、認知の強みと弱みを理解することはその一歩に過ぎません。

IQテストの制約

IQテストには制約があり、知的能力のすべての側面を十分に捉えるとは限りません。ある人は特定のタイプの課題で優れたパフォーマンスを発揮するかもしれませんが、他の人は従来のIQテストでは評価されない領域で優れているかもしれません。また、テストの不安、文化的な偏り、言語の障壁などがテスト結果に影響を与える可能性があります。知的能力を評価する際には、IQスコアを全体像の一部と見なすことが重要です。

Yuki Kojida

心理測定士、IGTの共同オーナー
私は日本の心理学者で、iq-global-test.comの共同設立者の一人である小路田樹と申します。私は長年にわたり、異なる状態での人間の認知能力の研究にも本当に興奮しています。この記事は、私自身がモデレートして掲載しています。